健常者と障がい者の性を考える

障がい者の性の健康 
 ~本人、保護者、関係者、社会が知っておきたいこと~

目次
 執筆者の想い
 1.性を考える上での「健常」と「障がい」
 2.「イマドキ」の子どもたちと性。社会・環境による影響
 3.知的障がい者の性への対応
 4.身体障がい者の性への対応
 5.性の生きづらさ、性のトラブル、性暴力への対処の考え方


1.「性」を考える上での「健常」と「障がい」
①「健常者」と「障がい者」
 ・健常者の性を見つめて
 ・障がいとは
 ・ノーマライゼーションという言葉がいらないまち

②自分の体の性との向き合い方
 ・男の体の清潔(むきむき体操のすすめ)
 ・女の体の清潔(前から後ろへ)

③自分の性欲との向き合い方
 ・男の性欲とマスターベーション
 ・女の性欲と承認欲求

④自分の性欲との向き合い方(実践編)
 ・「正しい知識」は役に立たない
 ・普通や常識は通用しない
 ・目指すべき性教育とは
 ・「違い」を認めない、「違い」に学べない日本社会


2.「イマドキ」の子どもたちと性。社会・環境による影響
①膣内射精障害という現代病
 ・膣内射精障害とは
 ・マスターベーションは学習すること
 ・膣内射精障害の治療法
 ・正しいマスターベーションの仕方とは

②アダルトビデオ、インターネットによる刷り込み障害
 ・デートレイプの背景
 ・アダルトビデオ、インターネット動画が生む犯罪的性行動

③犯罪予防は健康づくりから
 ・社会性、善悪の身に着け方
 ・人は何に学ぶか~性犯罪の根底は~

④性の背景にある価値観の変化
 ・処女性を求めなくなった社会
 ・アルバイト感覚になった性産業


3.知的障がい者の性への対応
 ・かゆいからおちんちんを触るんです
 ・生まれた時から体を清潔に
 ・できる人が、できることを、できる時に
 ・「ダメ、絶対」を繰り返し伝える社会を
 ・知的障がいと男の性欲、性衝動
 ・ネットに刷り込まれる「誤った性意識」
 ・褒められてうれしいから
 ・性被害防止の観点から
 ・確実な避妊のために
 ・Sexual Health and Rights

 

4.身体障がい者の性への対応
 ・清潔を保つために
 ・マスターベーションを自分で行うために
 ・マスターベーション介助に対する考え方

5.性の生きづらさ、性のトラブル、性暴力への対処の考え方
 ・「ダメ。ゼッタイ。」は、だめ、絶対