おちんちんは「むく」もの?

おちんちんを剥く??? むく???

よく、「おちんちんをむきましょう」と言います。

「むく」を広辞苑で調べると「剥く」という漢字と共に「物の表面にかぶっているものを離し取る。はがす。へぐ。」と。

「剥」という漢字は「剥がす(はがす)」、「剥げる(はげる)」、「剥ぐ(はぐ・へぐ)」、「剥る(へずる)」
熟語だと「剥き身(すきみ)」、「剥離(はくり)」、「剥奪(はくだつ)」、「剥脱(はくだつ)」「剥離(はくり)」

確かに包皮内板と亀頭部の癒着を剥がすと時はきは「おちんちんを剥きましょう」でOK。
包皮内板と亀頭部の癒着が剥がれた状態の時に亀頭部を露出させる時は「おちんちんをむきましょう」か、正確には「包皮を翻転しましょう」が正しい。

すなわち、癒着している時は「ミカンの皮を剥くように」。
でも、癒着が剥がれたら「ストッキングを翻転させるように」?!?

ちなみに、医学的には「むきむき体操」は「包皮翻転指導」と呼んでいます。

どうでもいいことのようで、大事なポイント?
なぜなら、女性はこの「翻転」がなかなか理解できないから?!?