むくべきか、むかざるべきか

よくある、答えに困ってしまう質問です

Q:子どものおちんちんは赤ちゃんの内に一度剥いておいた方が良いと聞いたことがあります。
自分の息子は満1歳ですが一度剥いた方が良いのでしょうか?

A:子育てや健康づくりに「これをしなければならない」とか「これさえしておけば大丈夫」というのはないですよね。

おちんちんをむかないと、亀頭部と包皮の間に細菌が入って化膿することがあります。

しかし、おちんちんを腫らしたからといって命が危険にさらされることはありません。

思春期になって友達とおちんちんの話ができない。
マスコミの「包茎は恥ずかしい」といったとんでもないデマに惑わされる。
包茎で悩んで不登校になってしまう。

しかし、お子さんがそうなるとは限りません。

おちんちんを無理やり剥くとお子さんのトラウマになることがあります。

二度とおちんちんを触らせなくなったのでは本末転倒です。

大事なことは何でしょうか。

お子さんと日々向き合い、
おちんちんをコミュニケーションの手段として、
お子さんと向き合い、剥き合う(?)
親子関係を築きたいものです。

「むくべきではない」、「放っておけばいい」と言っている先生方へ
亀頭包皮炎は予防しなくてもいいのでしょうか。
包皮内を洗わないとHPVがたまり、男性の陰茎がん、女性の子宮頚がんの原因になります。
男の子達が性の話を仲間でしなくなっているのが今の社会の現実です。

そこまで考えて

「自然にむけるまで待とう、おちんちん」

とおっしゃっているのでしょうか。

であれば私も異論はありません。

こんな批判とその後のやり取り