”むきむき体操”の是非で論争

週刊誌を見てこんなやり取りも。
岩室先生はじめまして。
突然ですが先生に訂正して頂きたい事がございましたので大変失礼かとは思いましたがどうしても見逃すことが
出来なかったのでメール致します。先生が推奨しているかどうかはわかりませんがむきむき体操について意見させて頂きたいと思います。

http://baby.goo.ne.jp/member/ikuji/skincare/5/03.html

上記URLのページ②番に「赤ちゃんは痛くないので大丈夫です。」という文言が入っている点ですが、はたして本当にそうでしょうか?
「物心がつく事には忘れているだろう。」の間違いじゃないでしょうか?正直この「赤ちゃんは痛くないので大丈夫です。」の言葉はペニスの痛みや扱いを十分にしらない女性には非常に誤解を与える表現で危険ではないでしょうか?ましては実際体験した事がない女性が行うのはやりすぎる恐れがあるのではないでしょうか?医師の立場でご指南されるんであればもっとこのようなデリケートな案件は事細かに書く必要があるんではないでしょうか?
{「むいたら戻す」が鉄則です}の項目でもそうなんですが「戻らなくなったらあわてず次の方法で対処。亀頭部を思い切りつぶすように1分間つまみ、包皮をずらして戻してください。」この部分はペニスの壊死の可能性がある危険な場面ですよね?それを軽い表現で書いてる事や思い切りつぶすといった危険な言葉での説明で書いてあり本当にびっくりしました。そんな事を書くのであれば嵌頓包茎の状態が続くと亀頭部分が壊死してしまう情報も与える必要があるのではないでしょうか?そんな軽い書き方では戻らなくても大丈夫だろうと軽く考えるかたが出てくると思いませんか?
もし万が一先生のむきむき体操をみて実践した家庭の中に嵌頓包茎で亀頭を失い重度なトラウマや障害をもってしまったら先生は責任を全てとれますか?先生がその子に立派な若い亀頭をあげることが出来ますか?
取り組みに関しては欧米ではあることですし否定はしませんが先生の情報には赤ちゃんがまるで物のような表現があり男性からすると不快です。医師としての発言には責任を持ちきちんと正しい情報を詳細に書くようにしてくださるようお願い申し上げます。○○様
返事が遅れてすみませんでした。ご指摘、ありがとうございます。サイト運営者と連絡をとりたいと思います。
返事を差し上げようとしたところ、「手術しかない」と3か所で言われてしまったという相談がまた舞い込んできました。率直なところ、「包茎では死なないので放っておきなさい」という気もあります。
一方で無用な手術を受け、「おまえのちんちんへんだ」として登園拒否になる子どもたちも少なくありません。
それは親が悪い、周りが悪いと一医者として言えず、とりあえず自分ができることは何かを考えているつもりです。
ただ、ご指摘のように配慮すべき点はまだ多々あります。またお気づきの点があれば、ご指摘いただければ幸いです。
岩室紳也岩室先生へ

大変ご多忙の中ご返信頂きまして誠にありがとうございます。
まずはわざわざご返信頂いたにも関わらず返信が大変遅くなってしまった事を謝罪させて頂きたいと思います。
またご返信頂いたメールを拝見させて頂き感じた素直な感想ですが岩室先生も男なんだなと思いました。
これはポジティブな意味でです。サイトをみるかぎりあたかも先生が精力的に推奨しているかのような表現でしたので少し興奮してしまいました。大変失礼しました。
女性の方は自分自身から誕生した命なので男より心配なんでしょうね。
その気持ちに応えようと活動されている事に一方的な反論をしてしまい申し訳ごさいません。
またそんな私にも親切丁寧にご返信頂きまして本当にありがとうございました。
毎日ご多忙かと思いますが先生御自身のお体もどうか労わって下さい。
もう返信は不要です。ありがとうございました。失礼します。