紳也特急 47

〜今月のテーマ『男の立ちションを科学する(Part2)』〜

●『他人事意識』
○『コマーシャルが教えてくれること』
●『トイレクイックルとは』
○『またまた投書』
●『排尿時にトイレを汚さないための3か条』
○『汚したトイレは自分で掃除しろ!!!』
●『AIDS文化フォーラム in 横浜のPR』

◆CAIより今月のコラム
「趣味は器械体操」

---------------------------------------------------------------------
●『他人事意識』
 転職してから、今まで以上のペースで講演会をしています。性やエイズ関連だけではなく、先月号で紹介したヘルスプロモーション関連も増えています。講演をするたびに、どれだけ効果があるのだろうか、と心配になりますが、そんな時に励まされるのが生徒さんの感想文です。高校の全学年対象の講演会の後に次のような感想をもらいました。
************************
先生がたくさんコンドームをもっててびっくりしました。でも別にいやらしいとかはぜんぜん思いませんでした。文化センター(講演会場)から帰るとき1年生の女子が「キモイ」とか「ありえない」とか笑って話していたけど、こういう話は、しっかり聞かなきゃいけないと思います。自分にも関係があることなんだからしっかり聞いて、しっかり考えなきゃいけないと思います。私は先生の話が聞けて本当によかったと思いました。(3年女子)
************************
 キモイ、ありえないという言葉をよく聞きますが、キモイまでは何となくわかります。しかし「ありえない」というのはまさしく「他人事意識」ですよね。バーチャルな世界を多く体験していると「ありえない」という言葉で「バーチャルな世界」と「現実の世界」を分けようとするのでしょうが、彼女たちのようにその言葉が「真実の世界」と「他人事意識の世界」を区別するために使われるようになるというのは怖いですね。
 ところで、TVというバーチャルな世界のコマーシャルでまたまた気になったことがありました。今月のテーマは「男の立ちションを科学する(Part2)」としました。

男の立ちションを科学する(Part2)

○『コマーシャルが教えてくれること』
 紳也特急の33号に『男の立ちションを科学する』と題して包茎と排尿のことを書きました。しかし、相変わらず世間では男の排尿について正確な情報が伝わっておらず、テレビコマーシャルでも正確な情報を教えられていない男たちが辛い思いをさせられていました。
 最近、花王( http://www.kao.co.jp/ )が出しているトイレクイックル、宣伝文句は「除菌と消臭のダブル効果で、トイレ中スッキリ。1枚で便器から床までトイレ中の汚れをすっきり落とし、除菌もできるおそうじシートです。消臭効果の高いミント系の香りで、気になる尿ハネのニオイまでスッキリ消します。使用後はそのままトイレに流せます。温水洗浄便座にも安心して使えます。」のコマーシャルを見ましたか。一家の主婦が、夫と二人の息子をにらめ付け、トイレクイックルを使って洋式トイレの周囲を拭きながら、「こんなに汚して」といった言葉で叱っている場面が登場します。男三人は申し訳なさそうな顔をして立って見ているのですがこれってそもそも変ですよね。

●『トイレクイックルとは』
 トイレクイックルって結構便利な製品です。製品の蓋には「流せるおそうじシート。除菌と消臭のダブル効果。トイレから床までスッキリ。」と書かれています。確かにトイレを掃除するときには便利なものです。中学、高校、大学で寮生活をしていた時に自分の生活環境で一番気にして綺麗にしていたのがトイレでした。特に大便をする時はズボンとパンツをおろし、何となく無防備は状態になるため、快適な生活空間にしておきたいと、トイレ掃除にはこだわりました。
 それはさておき、この宣伝でおかしいのは、「除菌」と「床までスッキリ」というところです。そもそも小便は腎臓で血液からろ過された成分で作られているので基本的には無菌状態ですので除菌の対象になりません。また、「床までスッキリ」と宣伝しているということはトイレの床を汚す不逞の輩がいるということですよね。しかし、そもそも床を汚すのは自分のペニスの扱いをきちんとできていないからです。それに大便はそもそも大腸菌がいてもらわないといけないところであり、それが排泄される便器を除菌する意味があるのでしょうか。

○『またまた投書』
 マスコミに適切な情報提供を期待している立場として、今回のトイレクイックルのコマーシャルは少々問題ありと思い、またまた投書してしまいました。返事はわかっていたのですが・・・・
************************
 『トイレクイックルを愛用させていただいているものです。現在TVで母親が夫とその子ども2人を叱っているコマーシャルが流されていますが、一言泌尿器科専門医の立場からコメントしたいと思います。立って排尿する時にトイレを汚す男(男の子)は確かに多いのですが、それには日頃の生活指導、正確に言えば包皮翻転しての排尿習慣の確立ができていないためです。そのことを(大人はともかく)子どもに説明せずに叱っている場面は親として正確な叱り方ではないと思われます。「ちゃんとむいてしないからトイレの周りを汚すのよ」と言っているお母さんならより正確でインパクトのある情報になったのではないでしょうか。最近、小児泌尿器科領域で包茎が問題になっていますので気になって投書させていただきました。厚木市立病院泌尿器科 岩室紳也
************************

相談室からの返事
************************
 岩室紳也様
 いつも花王製品をご愛用いただきましてありがとうございます。
 この度は「トイレクイックル」のTVコマーシャルにつきまして、ご意見をお寄せいただきましてありがとうございました。
 弊社は皆様の「お声」を商品に反映して、より多くの皆様にご愛用いただける商品をお届けするようめざしております。この度の岩室様の泌尿器科専門医のお立場からの貴重なご意見も今後の商品・コマーシャルづくりに生かしてまいりたいと思っております。
 今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申しあげます。
//////////////
花王株式会社消費者相談センター
 担当 ○○ ○○○
550-0012大阪府大阪市西区立売堀1-4-1
TEL:06-6533-7411 FAX:06-6533-7951
 soudan@kao.co.jp
//////////////
************************

●『排尿時にトイレを汚さないための3か条』

1.外尿道口を出す
 男子が尿をまっすぐ出すためには少なくとも外尿道口(尿の出口)の前に包皮のような障害物がない状態にしておく必要があります。私は包皮翻転指導をする際には「どこまでむけるの」という疑問と、中途半端なむけ方だと亀頭包皮炎を起こす可能性があるため、むくなら冠状溝までと指導しています。しかし、医師が定期的に確認したり、ちょっとしたコツを教えてあげないとそこまでできないという方も多いようです。そこで最近はせめて「包皮を翻転すると外尿道口が見える」状態にはしておいてくださいと助言するようにしています。包皮を翻転し外尿道口さえ出して排尿すれば、思った方向に尿線を導くことができるはずです。

2.一歩前へ
 男性のペニスから出た尿は勢いがいい時は放物線を描きトイレ内に収まります。しかし、どんなに尿の勢いがよくても、最後の数滴はどうしても勢いがつかない状況で出てしまいます。ペニスが30センチほどあって、離れていても便器の上に持ってこられる人はともかく、子どものように長さでいえば便器の縁くらいの長さしかない場合は持っているだけでは滴(しずく)は便器外のトイレの床に落ちてしまいます。洋式トイレや男性用小便器の手前側が尖がっているのは、足を広げて少しでも外尿道口を便器の上に持ってこられるようにするためです。トイレを汚さないコツの二つ目は「むいて一歩前へ」です。しかし、ペニスを振ると尿がどこに飛び散るかわかりませんので、最後までやさしく扱うことをお忘れなく。

3.尿線の着地点
 男性が排尿時にトイレを汚すもう一つの原因は尿線を便器や水面に直角に近く当てるからです。跳ね返りをなくすには、尿線を極力接触面と平行に近い状態でぶつけることです。洋式便所の水面にぶつける場合は便器と水面の境界に当てると跳ね返りが少なくてすみます。さらに、円を描くように便器内に排尿すれば直接便器、それも水面に連続的に排尿するより跳ね返りが少なくなります。このように狙い撃ちをするためにはやはり先に書いたようにせめて外尿道口が見える状態にしておかなければいけません。

○『汚したトイレは自分で掃除しろ!!!』
 今回のコマーシャルでトイレを汚すまでのプロセスも気になったのですが、そもそも男達が自分自身で汚したトイレを妻、母親に掃除してもらっているというのも気に入らないですね。皆さんの家庭ではどうされていますか。どんなことをしていても新発見、新たな気づきがあるものです。その機会を奪って子どもたちの学習の場を減らさないようにお願いします。
 昔多かった汲み取り式のトイレでははねっ返りが気になったものですが、最近はその数も少なくなりました。しかし、実は同じことは今でも起こっています。皆さんは洋式トイレでどこまで跳ね返りの水(便)が飛び散るか考えたことがありますか。少し汚い話になりますが、おなかの調子がよくなく、超特急の排便(下痢)をした後便座の裏を見てください。いかにはねっ返りが広範囲に及んでいるかがわかります。こんな時にトイレクイックルが便利です(一応けなすだけではなく誉めておかないと)。その状況を細かく検証すると、便座にさえも飛び散るくらいですから、便座にはまり込んだお尻の部分にも同じような汚染が起こっていることになります。排便後にトイレットペーパーで肛門周囲を拭く際に、実は素手がお尻に触れ、そこに付いた便やそれに含まれた病原体が手に付着してしまう可能性が非常に高いことがわかります。トイレで肛門を拭くとトイレットペーパーでカバーされていない素手に病原体が付着します。適切な対応をしなければ、あなたの手から周囲に汚染を広げてしまう可能性があるのです。O157もそうですが、SARSも便からの広がりに注意した方がよさそうですよね。
 あのコマーシャルを見て一番懸念されるのは自分でトイレを掃除しない人がいることです。みなさんのご家庭では誰が掃除をしていますか?

●『AIDS文化フォーラム in 横浜のPR』
8月1日(金)〜3日(日)AIDS文化フォーラム in 横浜が開催されます
http://www.yokohamaymca.org/AIDS/
プログラムはこちらから
http://www.yokohamaymca.org/AIDS/newAids/03_program/
今年のオープニングには脚本家の早坂暁さんと女優の烏丸せつ子さんが、全大
会・閉会式にはミュージシャンの藤原美穂さんが来てくださいます。
皆さんもぜひいらしてください。

◆CAIより今月のコラム

「趣味は器械体操」

趣味は?と聞かれて器械体操と答える私は変わり者です。
ただ好きなだけで、10年以上コンスタントに続けてきました。
何が好きって、自分の身体を思うように操るところとか、一瞬にかける緊張感とか、美しさへの追求とか。
しかし、体操で使う筋肉は体操でしか鍛えられず、しばらくやらないでいるとあっという間に落ちてきます(年齢の問題もありますが)。
私も一時期筋肉が落ちてしまい、以前できていた技がどんどんできなくなりました。ショックでした。老化との戦いです。
最近、定期的に練習することができるようになりました。そうしたら、むきむきと筋肉が復活して、また技ができるようになりました。
まだまだ上達する可能性は頑張り次第でありそうです。
そういう日々は楽しいものです。

                            O.A(♀)