重度の仮性包茎で手術費用200万円が必要

自分でむいたことなし
 風俗には行ったことがあるがむかれたかどうかは定かではない
 セックスの経験なし
 恋人が出来そうな雰囲気
 ネットで調べて自分を「真性包茎」と診断
 美容外科の方がいいと思い何軒か受診
 一番高いところで「重度の仮性包茎で200万円かかると言われる
 ネットで調べて岩室外来受診

+++++診察室で++++++

包皮をむく前は亀頭部が見えない包茎
むこうとすると、亀頭部と包皮内板の間の恥垢がすれて「痛い」と訴える 
その場でむくと



むいた後は一度も洗ったことがない不潔な亀頭部が露出
亀頭部を触れば当然痛い
包皮口が十分広がっていないので陰茎の途中がくびれた状態

岩室の診断
 包皮口が狭い不潔な仮性包茎

岩室のアドバイス
 1.毎日むきむき体操を朝夕100回ずつ
 2.風呂場で亀頭部を触る→こする→ごしごし洗うへ徐々にステップアップを
 3.それまではパートナーにHPVを移す可能性があるのでセックス厳禁

診察料:健康保険を使って初診料(2,820円の3割)+保険外併用療養費1,720円

戻る



健常者と障がい者の性を考える

障がい者の性の健康 
 ~本人、保護者、関係者、社会が知っておきたいこと~

目次
 執筆者の想い
 1.性を考える上での「健常」と「障がい」
 2.「イマドキ」の子どもたちと性。社会・環境による影響
 3.知的障がい者の性への対応
 4.身体障がい者の性への対応
 5.性の生きづらさ、性のトラブル、性暴力への対処の考え方


1.「性」を考える上での「健常」と「障がい」
①「健常者」と「障がい者」
 ・健常者の性を見つめて
 ・障がいとは
 ・ノーマライゼーションという言葉がいらないまち

②自分の体の性との向き合い方
 ・男の体の清潔(むきむき体操のすすめ)
 ・女の体の清潔(前から後ろへ)

③自分の性欲との向き合い方
 ・男の性欲とマスターベーション
 ・女の性欲と承認欲求

④自分の性欲との向き合い方(実践編)
 ・「正しい知識」は役に立たない
 ・普通や常識は通用しない
 ・目指すべき性教育とは
 ・「違い」を認めない、「違い」に学べない日本社会


2.「イマドキ」の子どもたちと性。社会・環境による影響
①膣内射精障害という現代病
 ・膣内射精障害とは
 ・マスターベーションは学習すること
 ・膣内射精障害の治療法
 ・正しいマスターベーションの仕方とは

②アダルトビデオ、インターネットによる刷り込み障害
 ・デートレイプの背景
 ・アダルトビデオ、インターネット動画が生む犯罪的性行動

③犯罪予防は健康づくりから
 ・社会性、善悪の身に着け方
 ・人は何に学ぶか~性犯罪の根底は~

④性の背景にある価値観の変化
 ・処女性を求めなくなった社会
 ・アルバイト感覚になった性産業


3.知的障がい者の性への対応
 ・かゆいからおちんちんを触るんです
 ・生まれた時から体を清潔に
 ・できる人が、できることを、できる時に
 ・「ダメ、絶対」を繰り返し伝える社会を
 ・知的障がいと男の性欲、性衝動
 ・ネットに刷り込まれる「誤った性意識」
 ・褒められてうれしいから
 ・性被害防止の観点から
 ・確実な避妊のために
 ・Sexual Health and Rights

 

4.身体障がい者の性への対応
 ・清潔を保つために
 ・マスターベーションを自分で行うために
 ・マスターベーション介助に対する考え方

5.性の生きづらさ、性のトラブル、性暴力への対処の考え方
 ・「ダメ。ゼッタイ。」は、だめ、絶対

思春期のデータ

十代の人工妊娠中絶率がこのような推移をしている理由を考えるだけではなく、他のデータの推移と傾向が重なる理由を考えたいものです。

十代の人工妊娠中絶の推移の根底にある社会の問題は何かを考えてみました。

児童虐待やストーカーが増え続けているのは、横ばいや下降に転じている事案とは別の背景が関与していると考えられます。

同時期に増えるものは関係性の喪失が根底にあると思いませんか?

2000年前後から年配者が下降しているのは介護保険制度や年金制度の整備が効いているから。2011年から若い世代も減少しているのは東日本大震災が教えてくれた「命」の影響?

HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)の普及に向けて

日本産科婦人科学会が再度、HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)接種の早期の勧奨再開を強く求める声明を2017年12月9日に出しました。

HPVワクチンは重要な予防手段であり、早期の勧奨再開に賛成します。
ただし、以下の情報が十分共有されていないことが問題だと考えています。

1.HPVは陰茎がんの原因でもあり、包皮切除を行う地域では発生率が低い。
   →包皮をむいて包皮内、亀頭部を清潔に出来ている人では、陰茎がんがほとんどない
   →このことは泌尿器科医の常識
2.子宮頸がんの原因となるHPVは男性の亀頭部から子宮頸部に感染。
   →子宮頸がんの原因となるHPVはSTI(Sexually Transmitted Infection)
   →中学、高校の教科書への掲載が求められる
3.陰茎がん同様、子宮頸がん予防に陰茎の清潔が重要
   →包皮をむいて洗う啓発が必要
4.HPV感染予防にコンドームが有効
   →ピルを使う際にもコンドームは不可欠
5.コンドームの未使用が子宮頸がんの原因
   →15~19歳の人工妊娠中絶率とその年代の10年後の25~29歳の子宮頸がん罹患率が一致?
   
   →コンドームの使用の有用性の啓発が必要
6.ワクチン接種による免疫の持続期間は未確定
   →10年程度との見方も
   →性交開始前の接種が重要
   →15歳で接種した人が25歳で初交となると効果が低くなっている可能性が否定できない
7.ワクチン接種時期
   →初交前の重要性の啓発を徹底
   →他国が15歳未満で接種していることへの追認は論理的ではない 
   →個人の意思、任意接種への支援が重要(15歳以下の接種希望者にも対応)
   →高校、大学、専門学校、(成人式)等での希望者への集団接種機会の検討が必要
8.副反応について
   →全てのワクチンには副反応があり得る
   →接種年齢の引き上げることで副反応が減るか否かの調査を実施
8.9価ワクチンの早期認可
   →9価ワクチンの早期認可は不可欠
   →4価ワクチンしか接種できない状況の早期解消が必要


依存症の考え方(YouTube)

依存症の常識を変えてくれたYouTube。
若者の問題を、社会の問題を考えている人、自分の生き方に悩んでいる人、必見岩室訳はこちらから)(圧縮ファイル)

(vttファイルをPowerPoint2016に組み込む字幕として表示されます)

字幕が上手く表示されない場合、画面右下の音量(ミュート)マークの左横の字幕の日本語をオフ・オンにすると表示されます。

それでもダメな時はビデオ画面をクリック→「ビデオツール(再生)」のキャプションの挿入→20171101Addiction.jaを選択し「挿入」

 

包茎・おちんちん・ペニス

包茎Q&A

Q1:子どもの包茎を治す(正確に言うと包皮口を広げて亀頭部が容易に出るようにする)ためにステロイド軟膏が有用であるという意見があるが、大人の包茎の治療でステロイド軟膏を使うことは?
 A1:確かに小児にステロイド軟こうを使うと皮膚が柔らかくなるため積極的に使っている医師もいますが、使わなくても皮膚は伸びるので積極的に使う必要はないと考えています。それにステロイドを使った後に逆に副作用が出ないとも限りません。特にステロイド軟膏の使いすぎで皮膚が萎縮する副作用も報告されているので医師の監督下でない場合に使うことは問題だと思います。
 大人の場合はもともと皮膚が伸びにくいのでステロイド軟膏を使ったからといって伸びるとは思えません。包皮口が少々狭く、勃起時に包皮口が引っ張られて痛い程度ならむしろ勃起時に積極的にむくことで包皮口を伸ばした方が副作用もなく効果的だと思います。道具を用いて包皮口を徐々に広げるという方法もありますが、大人に関してはこれら器具の方がステロイド軟膏よりよっぽど科学的だと思います。(ただ、山形の方から「俺はむいた状態で勃起させることを繰り返し包皮口を広げた」という話を聞き、これが一番安価だと納得しました。)
 
 むきむき体操のすすめ
 朝昼夕20回ずつむいて戻すを繰り返すと包皮口が緩みます。
 排尿の時もむきましょう。
 むいてた状態で手を放すと自然に戻れば包皮口が緩くなった証拠です。
 むいたままにしておかないでくださいね、嵌頓包茎になりますから。

Q2:僕は仮性包茎ではなく、カントン包茎と呼ばれる勃起時に包皮をむくとつっぱりやしめつけを感じます。どうすればいいですか?
A2:用語の誤解が少しあるようですね。「仮性包茎」とは包皮をずらすと亀頭部が出る状態を言いますのであなたの場合は「仮性包茎」です(といってもこの用語は医学的なものではないため今後使用方法について再検証する必要があると考えています)。「嵌頓包茎」とは「仮性包茎」の中でむけたけど包皮口が狭く、包皮を戻さなかった時に包皮がむくんだ状態を言います。ですからあなたの場合は「包皮口が狭い仮性包茎という状態」です。
包皮口が狭い状態で真性包茎や仮性包茎の違いがあるわけですが、あなたの場合は包皮口を拡げる努力
1.勃起時に包皮口を亀頭部で拡げる(これを繰り返すと少しずつ広がります)
2.包皮を翻転した状態で勃起させ包皮口を拡げる(大分ゆるくなってからやってください)
3.指や機器を使って包皮口を拡げる(ネットで機器を売っていますがお勧めしません)
といったことを繰り返せば必ず包皮口は拡がります。

どんなにウェストが細い女性でも、妊娠して赤ちゃんがおなかの中で育つと、おなかの皮膚は広がります。努力あるのみ!!!

Q3:普段から亀頭が包皮を被っていて毎日洗っていても悪臭がしてもう嫌です。どうすればいいですか?
 A3:これはわきの下を含めて人間は全身から臭いを出しています。毎日1回洗って臭いが気になるようでしたら1日2回洗ったらいかがでしょうか。確かに包茎ではない状態にした方がにおわないように皆さんは勘違いしがちですが、その方々のパンツはくさいですよ(笑)。

Q4:オチンチンの皮を剥いて中を触ると痛いのですが、みんなそうなのですか?
 A4: 初めて亀頭部を触ると痛いものです。それに怖じ気づいて触らずに不潔にしている人も多いようです。毎日むいていれば必ず痛みは和らぎます。事実、痛みが和らいでいかないととてもセックスなんかできないですよね。

Q5:仮性包茎の人がゴムを着けるとき、すごく痛いんですよね。つける時も外す時も痛いです。
 A5:Q4と同じで、ちゃんと亀頭部を慣らしていないために痛いだけです。包茎の手術を受けても同じように慣れるまで亀頭部を刺激し続ける時期があります。ただ、手術でいきなり亀頭部を露出させられても、同時に傷の痛みもあります。傷が痛むのは我慢するしかないと思っている内に亀頭部も刺激に慣れるだけのことです。自分でむいて亀頭部を刺激できない痛みに弱い人は手術で強制的に痛みに慣れる状況を作った方がいいかもしれません。

Q6:勃起しても皮が剥けないのですがどうしたらいいですか?
 A6:まったく問題なしです。毎日むいて洗って、皮が余っている人のためのコンドーム装着法を勉強しておいてください。

Q7:剥むかないとガンになると聞いたのですが?
 A7:毎日むいて洗っていればなりません。

Q8:普段は剥いていないといけないのですか?
 A8:せっかくの皮ですから普段はかぶせておきましょう。剥けている方がいいというのは誰が決めたのでしょうね?

Q9:いつまでに剥けるものなのでしょうか?
 A9:この誤解が実に多いですね。日本人の6割は死ぬまで仮性包茎(手で包皮をずらすと剥けるけど普段は剥けていない状態)です。
 手で包皮をずらすと剥けるけど、
 普段は剥けていない状態が普通
 なので、その人たちは永遠に「剥けません」(笑)。

Q10:「皮の上からオナニー(皮オナニー)すると皮が伸びて余計に包茎がひどくなると聞きいたのですが本当ですか?
 A10:亀頭部が包皮に覆われた状態であること自体、何ら問題もありません。そのような人がオナニーをすれば皮オナニーになりますが、それが普通です。皮が伸びるとしたら、コンドームが外れにくくなりますのでなおさらいいのではないでしょうか。皮が伸びるかは個人差でしょうが、いやなら亀頭部を出してすればいいでしょう。そもそも「皮オナニー」と言い出したのは、この様なコンプレックスを作りたい人たちでしょう。

Q11:亀頭の付け根につぶつぶがたくさんあります。セックスはしてないです。病気なんでしょうか?
 A11:おそらくフォアダイスでしょう。 セックスをしていないのに性感染症になることはないですよ。

Q12:フォアダイスを治すことはできますか?できるとしたら治療費はいくら位かかるでしょうか?
 A12:病気じゃないのにどうして治すんですか。下手に手をつけないほうがいいです。

Q13:僕は仮性包茎です。ノーマル状態でも皮は剥けるのですがすぐ戻ってしまいます。勃起すると剥けるのですが…治す方法はあるのでしょうか?
 A13:まったく気にすることなし。そもそもあなたは正常です。そうあなたに思わせない社会が異常、病んでいますね。

Q14:ペニスが勃起した時に曲がっています。異常でしょうか?
 A14:そのような人は多いですよ。個性の一つです。

Q15:何歳になったらむくのをあきらめて手術をすべきですか?
 A15:私の患者さんで60歳過ぎた方でむいて手術を回避した人がいます。いつまでもあきらめないことです。

Q16:ペニスはいつまで成長、大きくなるのでするでしょうか?
 A16:サイズを気にする男の人は後を絶ちません。しかし、「大きいことはいいことだ」とみんな思っているのでしょうか。
 持ち物より持ち主が大事
 その通りだと思います。

Q17:むけていないのですが、コンドームはどうつければいいですか?
 真性包茎はセックスをしていいですか?
 A17:むけるまで、仮性包茎になってゴシゴシ洗えるようになるまでセックス禁止です。不潔な上にコンドームを正しくつけられないからです。

Q18:包茎の種類を教えてください。
 A18:
 1.真性包茎
 何をしてもむけない亀頭部が見えないペニス。

2.仮性包茎
 勃起していない時は亀頭部が見えないけど、勃起したり、(勃起しただけではむけないけれど)
 手でむくと冠状溝(カリ)まで見えるペニス。

3.むけチン
 勃起していない時から(一部だけ亀頭が見えているのを含め)むけているペニスは正常でも、
 大人のペニスでもなくあえて言えば「むけたペニス」、「むけチン」。

4.嵌頓包茎
 むく時に包皮口が狭く、むけたけど全体がむくんでしまった状態。亀頭部をつぶして(骨が
 ないから思いっきりしても大丈夫)元に戻しましょう。
 むくみがとれたら、包皮口を広げるトレーニング(むきむき体操)を続けましょう。

5.成長途中ペニス
 包皮口が狭いため、勃起していない時はむけるけど、勃起しているとむけないペニス。
 頑張って包皮口を広げましょう。
  →この状態の人がむいたままにすると嵌頓包茎になります(ご注意を)
 
  でも気になる??? → 申し訳ございませんが、このサイトには他に答えはありません。

嵌頓包茎(戻らなくなった時のために)

戻らなくなった時のために
 (ここは必読)

嵌頓包茎(①)に気をつけましょう

包皮をむいたまま亀頭部を露出したままにすると、包皮口が狭いため包皮がむくんで戻らなくなることがあります。包皮を翻転して亀頭部を清潔にした後は必ず包皮を戻しておきましょう。

嵌頓包茎ってこうやってなります

嵌頓包茎の予防方法
とにかく「むいて戻す」をくりかえします。包皮口が亀頭部がでる時に拡げられます。回数は多いほど早く広がります。子どもの場合はオムツをかえるたびに20回ずつくりかえしましょう。()
もちろん100回やればそれだけ早く広がります!!!

包皮を戻しにくいと思ったら
 おちんちんをつぶすようにしながら強く引っ張ります
おちんちんには骨が無いのでつぶしても大丈夫です
思いっきり引っ張っても抜けることはありません

嵌頓包茎の時に包皮を戻すコツ

  あせらない!
亀頭部を一分間、思いっきりつまむ
亀頭部を思いっきりつぶすように包皮を戻す

 これでまず戻ります
 
 それでも包皮が戻らない時は
 1.包皮が戻らないのは狭い包皮口が引っかかっているため
 2.亀頭部は血液が入っているだけです。安心してつぶしましょう。()
 3.引っかかっている包皮口を確認します。
 4.せまいところより先端に近い皮膚をつかんで戻します()
④