パトの軌跡

パトリック ボンマリート
PATRICK BOMMARITO

岩室紳也がHIV/AIDSに向き合い続ける中で、同士だったパト(私にとっての、みんなにとっての愛称)。
患者でもありましたが、どうHIV/AIDSと向き合うかを一緒に考え続けたパートナーでした。
その彼が残した足跡の一部だけでも紹介したいと思います。

略歴
アメリカ国籍
1965年10月12日 フロリダ生れ
1974年 母と一緒にスペインで暮らす
1982年 横田基地に勤務していた父を頼って来日
    東京在住。「ギャルソンパブ」でダンサーとして働く。
1986年 ニューヨークに渡り、クラブDJとして活躍
1989年4月 HIV感染と判明。
1993年1月 仕事のため来日
   3月 Fridayでのカミングアウト 
   5月 ニューメキシコ大学入学
   7月 AIDSシンポジウム出席のため来日
   10月 東京都港区のAIDSイベントのため来日

1994年1月29日 ハマラジで岩室と初の競演
この時、岩室紳也は握手でパニックに。
その事件がその後の医者としての姿勢に大きな影響を!


1994年8月AIDS文化フォーラム in 横浜にて


2012年12月3日 山梨大学での最後の共演


2013年3月15日 逝去

追悼式


週刊SPA!の連載
10号単位でpdf化しています(1つが10Mb程度です)。
欠番もありますので、もしお持ちの方がいらっしゃいましたらご提供ください。
  1-  11-  21-  31-  41-  51-  61-  71-  81-  91- 
101- 111- 121- 131- 141- 151- 161- 171- 181- 191- 
201- 211- 221- 231- 241- 251- 261- 271- 281- 291- 
301- 311- 321- 331- 341- 351- 361- 371- 381- 391- 
401- 411- 421- 431- 441-445

連載の中でのパトの治療と岩室との関り
・AZTしかなく、検査をするしかなかった時代は55号に。
・インジナビルという副作用がひどい薬の副作用に苦しめられるパトは146号、147号に。
・治療が今ほど確立されていない頃のパトの思いは156号に。
・薬を続けるストレスもあり、薬をやめてみたパトは329号に。
・治療方法が確立された2001年のパトは361号に。

連載終了後の特別掲載
2001年夏 2002年秋 2003年冬 2004年春 2004年冬 

パトの追悼号

 

PowerPointからの動画づくり

1.事前準備
 録音用のマイクと自分撮りのカメラはノートパソコンについているのだと雑音が入りやすく、画質が劣る。
 パソコン内蔵カメラの画質

 別売のWebカメラの画質

撮影角度の違いもありますが、明らかに画質も明るさも別売の物が優れています。

2.スライドショーの設定
 PowerPointの上部に「スライド ショー」

 の中の「スライドショーの設定」

 で自分の発表形式を確認。
 オプションのレーザーポインターの色は背景に合わせる。
 
3.機材の設定
 次に「4」にある「スライドショーの記録」をクリック。
 内臓ではないマイクやカメラを装着している場合はどちらを使うかを設定。


画面右下で機材のオンオフを確認
 マイクのオン、オフ

 
 カメラのプレビューのオンオフ


 カメラのオンオフ



ここから実際の動画作成の準備

4.スライドショーの記録 「現在のスライドから記録」を習慣化しておいた方がいい。


この画面の左上のを押すナレーションやポインター、切り替えのタイミングが記録される。

画面下の機能は事前にPowerPointにアニメーションを入れておいた方がきれいか。

5.ナレーションの修正
 ビデオ作成後、通して見ると修正したいスライド、ナレーションが出てくる。
 その場合の修正方法。

1)修正したいスライド右下の音声記号を削除して、改めてナレーションを入れる。


2)空スライドを挿入
 修正するスライドだけを修正しようとしても、その次のスライドのナレーションや画面切り替え時間に影響が及ぶ。
 対策 → 修正するスライドの後に空スライドを挿入
      修正後、空スライドを削除するだけでその後のつながりがスムース


6.ビデオ作成
 PowerPointが完成したら、左上のファイルから

 ビデオの作成を選びファイルサイズを決定(一般的にはHD(720p)で可。

以上で出来るはずです。
これは私自身の忘備録のために作成しました。
疑問点や間違いは遠慮なく指摘してください。

よろしくお願いします。

岩室紳也




HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)の普及に向けて

日本産科婦人科学会が再度、HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)接種の早期の勧奨再開を強く求める声明を2017年12月9日に出しました。

HPVワクチンは重要な予防手段であり、早期の勧奨再開に賛成します。
ただし、以下の情報が十分共有されていないことが問題だと考えています。

1.HPVは陰茎がんの原因でもあり、包皮切除を行う地域では発生率が低い。
   →包皮をむいて包皮内、亀頭部を清潔に出来ている人では、陰茎がんがほとんどない
   →このことは泌尿器科医の常識
2.子宮頸がんの原因となるHPVは男性の亀頭部から子宮頸部に感染。
   →子宮頸がんの原因となるHPVはSTI(Sexually Transmitted Infection)
   →中学、高校の教科書への掲載が求められる
3.陰茎がん同様、子宮頸がん予防に陰茎の清潔が重要
   →包皮をむいて洗う啓発が必要
4.HPV感染予防にコンドームが有効
   →ピルを使う際にもコンドームは不可欠
5.コンドームの未使用が子宮頸がんの原因
   →15~19歳の人工妊娠中絶率とその年代の10年後の25~29歳の子宮頸がん罹患率が一致?
   
   →コンドームの使用の有用性の啓発が必要
6.ワクチン接種による免疫の持続期間は未確定
   →10年程度との見方も
   →性交開始前の接種が重要
   →15歳で接種した人が25歳で初交となると効果が低くなっている可能性が否定できない
7.ワクチン接種時期
   →初交前の重要性の啓発を徹底
   →他国が15歳未満で接種していることへの追認は論理的ではない 
   →個人の意思、任意接種への支援が重要(15歳以下の接種希望者にも対応)
   →高校、大学、専門学校、(成人式)等での希望者への集団接種機会の検討が必要
8.副反応について
   →全てのワクチンには副反応があり得る
   →接種年齢の引き上げることで副反応が減るか否かの調査を実施
8.9価ワクチンの早期認可
   →9価ワクチンの早期認可は不可欠
   →4価ワクチンしか接種できない状況の早期解消が必要


依存症の考え方(YouTube)

依存症の常識を変えてくれたYouTube。
若者の問題を、社会の問題を考えている人、自分の生き方に悩んでいる人、必見岩室訳はこちらから)(圧縮ファイル)

(vttファイルをPowerPoint2016に組み込む字幕として表示されます)

字幕が上手く表示されない場合、画面右下の音量(ミュート)マークの左横の字幕の日本語をオフ・オンにすると表示されます。

それでもダメな時はビデオ画面をクリック→「ビデオツール(再生)」のキャプションの挿入→20171101Addiction.jaを選択し「挿入」