HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)の普及に向けて

日本産科婦人科学会が再度、HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)接種の早期の勧奨再開を強く求める声明を2017年12月9日に出しました。

HPVワクチンは重要な予防手段であり、早期の勧奨再開に賛成します。
ただし、以下の情報が十分共有されていないことが問題だと考えています。

1.HPVは陰茎がんの原因でもあり、包皮切除を行う地域では発生率が低い。
   →包皮をむいて包皮内、亀頭部を清潔に出来ている人では、陰茎がんがほとんどない
   →このことは泌尿器科医の常識
2.子宮頸がんの原因となるHPVは男性の亀頭部から子宮頸部に感染。
   →子宮頸がんの原因となるHPVはSTI(Sexually Transmitted Infection)
   →中学、高校の教科書への掲載が求められる
3.陰茎がん同様、子宮頸がん予防に陰茎の清潔が重要
   →包皮をむいて洗う啓発が必要
4.HPV感染予防にコンドームが有効
   →ピルを使う際にもコンドームは不可欠
5.コンドームの未使用が子宮頸がんの原因
   →15~19歳の人工妊娠中絶率とその年代の10年後の25~29歳の子宮頸がん罹患率が一致?
   
   →コンドームの使用の有用性の啓発が必要
6.ワクチン接種による免疫の持続期間は未確定
   →10年程度との見方も
   →性交開始前の接種が重要
   →15歳で接種した人が25歳で初交となると効果が低くなっている可能性が否定できない
7.ワクチン接種時期
   →初交前の重要性の啓発を徹底
   →他国が15歳未満で接種していることへの追認は論理的ではない 
   →個人の意思、任意接種への支援が重要(15歳以下の接種希望者にも対応)
   →高校、大学、専門学校、(成人式)等での希望者への集団接種機会の検討が必要
8.副反応について
   →全てのワクチンには副反応があり得る
   →接種年齢の引き上げることで副反応が減るか否かの調査を実施
8.9価ワクチンの早期認可
   →9価ワクチンの早期認可は不可欠
   →4価ワクチンしか接種できない状況の早期解消が必要


AIDS文化フォーラム in 横浜 AVはリアルかファンタジーか

AVはリアルかファンタジーか

松本俊彦(精神科医)

吉沢明歩(タレント/現役セクシー女優)

今井伸(泌尿器科医)

古川潤哉(僧侶)

岩室紳也(HIV/AIDS診療医)

AVに描かれている性描写を信じ込み、暴力的な性に走ったり、逆にセックスを拒否する若者が増えています。一方で「あれはファンタジー」と正しく理解している人も少なからずいます。
出演者、僧侶、医師が本音で紐解くAVの真実。
なぜファンタジーを信じる人がいるのかに迫ります。

AIDS文化フォーラム in 横浜 三ツ矢雄二×コンドームの達人のトーク


2 次元演出のプロ、三ツ矢雄二にとって「リアル」とは?

HIV/AIDSの現状はどうなっているのかを、治療の最前線で活躍されている柳先生に伺います。
三ツ矢雄二さんには自らのセクシュアリティとHIV/AIDS への思いを語っていただきます。

三ツ矢雄二(声優)
 代表作
 TVアニメ
  「タッチ」 上杉達也役
  「キテレツ大百科」 トンガリ役
  「ドラゴンボール」 界王神役
  「それいけ!アンパンマン」 かつどんまん役
 洋画吹き替え
  「バックトゥーザフューチャー」 マーティー・マクフライ役
  「アマデウス」 モーツァルト役 他多数

 柳秀高(東海大学医学部総合内科)
  HIV/AIDS診療のプロに、検査と治療の現状と課題を教えていただきます。

 岩室紳也(HIV/AIDS 診療医)

AIDS文化フォーラム in 横浜 オープニング

2017年8月4日 10時~12時 (2階ホール)

オープニング

テーマ:ニュースとAVが抱える『リアルの壁』

下村健一(白鷗大学客員教授/元TBS報道キャスター)

吉沢明歩(タレント/現役セクシー女優)
岩室紳也 (AIDS文化フォーラム in 横浜)

下村健一さんはニュースを伝える立場で丁寧に番組を作って伝えても、受け手、視聴者はどこか「リアリティ」を持って受け止めてもらえず、「他人ごと意識」を打破する難しさを感じておられます。
吉沢明歩さんはバーチャルエンターテーンメントとしてのAVの普及と盛り上がりを働きかけていますが、昨今、逆にAVに脅されたようにセックスレス、セックス恐怖症が増えたり、逆に暴力的なセックスをパートナーに求めたり、実際に行ってしまうケースが増えています。一方で、あくまでも一つの楽しみにできる人もいます。この違いは何か?「なぜ楽しめるのか」や「なぜリアルと思わないのか」を考えます。
HIV/AIDSの啓発活動も同じで、一所懸命伝えようとしても、多くの人は「他人ごと」です。
ニュース、 AV、HIV/AIDS啓発活動 が抱える『リアルの壁』。
人は知識ではなく、経験に学ぶ。リアル(本物、現実)との接点が減り、バーチャル(仮想、2次元)な世界が広がる現代社会の課題を考えます。